医療レーザー脱毛のメリットとデメリット

医療レーザー脱毛には様々なメリットとデメリットがあります。一般的には医療レーザー脱毛は効果が高いと言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか?また、料金が高く痛みも強く感じる方が多いのですが、本当に医療レーザー脱毛で良いのでしょうか?医療レーザー脱毛のメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

医療レーザー脱毛のメリットとは?

美容クリニック等の施設で行われている医療レーザー脱毛には多くのメリットがありますが、その中でも最大のメリットといえば、やはり脱毛効果の高さが挙げられます。

 

美容クリニックは医療機関にあたりますので、医療レーザー機器の使用が法律で認められていますが、この医療レーザー機器はエステティックサロンで使われているフラッシュ脱毛の機器と比べると格段に出力が高いために、当然脱毛の効果も高くなります。

 

ですからフラッシュ脱毛に比べると1回の施術時間も短く、脱毛完了までの回数も少なくて済みますし、またフラッシュ脱毛では効果が得られにくい産毛などの細い毛であっても、出力の高い医療レーザー脱毛であれば、十分な脱毛効果を得られるケースもあります。

 

さらに医療レーザー脱毛は毛母細胞を破壊できるだけのパワーを持っていますが、破壊された毛母細胞から毛が再生することはまずありませんので、永久脱毛の効果を掲げることも可能となっています。

 

また美容クリニック等の医療機関では、医師や看護師が施術を行うために安全性が高く、万が一火傷等の皮膚トラブルが発生した場合にも、医師による迅速な処置が受けられるというのもメリットの1つです。

 

さらに事前に医師の診察を受けられますので、敏感肌やアトピー等のアレルギー疾患を持っている人の場合であっても、施術を受けられるかどうかについての適切な判断を期待できます。

 

医療レーザー脱毛のデメリットとは?

上記のように多くのメリットを持っている医療レーザー脱毛ですが、一方で少なからずデメリットも存在します。

 

その1つが費用の問題です。医療レーザー脱毛は医療行為にあたりますが、病気や怪我の治療ではなく美容が目的ですので、健康保険が適用されない自由診療になります。そのため様々な値引きキャンペーン等を行っているサロンと比べれば、費用が割高になるのは避けられません。

 

そして医療レーザー脱毛は出力が高いのですが、その分痛みが強くなりますし、肌への負担も大きくなってしまうのはデメリットと言えます。

 

ただし痛みの感じ方については個人差もありますし、どうしても我慢できない場合には麻酔クリーム等を使って、痛みを和らげる処置を取ってもらえるのは医療機関のメリットとも言えますが、麻酔の使用には別料金が発生するケースがほとんどだという点は心得ておく必要があります。

 

その他にサロンのサービスとは違ってクーリングオフの対象にならないことや、サロンに比べると施設の軒数が少ないために、途中で通う施設を変えることが難しい等のデメリットもあります。